読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぴーすみゅーじあむへの足跡

このブログは自分の旅行した先で行ってきた戦争と平和についての博物館のことや自分の知った戦争と平和についての博物館の情報についてアップするマニアックなブログです。

ほーこく

気がつけば、一月が終わってしまう!

 

ぴーすみゅーじあむの話の続きをしないと!!

 

 

 去年のクリスマスシーズンに訪れた姫路市平和資料館。ここには全国の空襲犠牲者を慰霊する「太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔」があるという話をしましたね。

f:id:zero86:20080506134334j:plain

 

これを建設しようと動き出したのは戦後間もない昭和27年からでした。

デザインを公募で決定し、全国から公私を問わない募金が集まり、昭和31年に完成したのです。

各都市でも戦争の復興の進み具合に差があった時期であり、その中で全国の空襲犠牲者の慰霊をする一つの形を作り上げたという点に大きな意義があると思います。

 

この慰霊塔は日本地図の刻まれた石碑と不戦の誓いを込めた刀剣*1のデザインがメインになっていますが、その周りには空襲にあった日本全国の都市名、犠牲者数、復興担当の市長の名前が刻まれた石碑が数多くあるという形になっています。

 

しかし、全国の空襲犠牲者を慰霊する塔があるにも関わらず、今では東京での終戦追悼式などに埋もれてしまい、ほとんど知られていないのです。8月15日になったら特に行ってほしいところです!資料館の方々も一度見に来てほしいと熱く語っていたのでぜひ行ってみてください。

 

姫路市平和資料館および太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔

兵庫県姫路市延末475(手柄山中央公園内)

開館時間 9:30~17:00

休館日 月曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日~1月5日

 

 

それから、報告です。この度、「戦争と平和の資料館ピースあいち」にて、初めて勉強会の講師をさせてもらうことになりました。自分がぴーすみゅーじあむのことで、人前で話をするのは初めてなので、頑張ってみます!!

どんな形になったかはまたブログにて、報告します。

*1:以前のブログにて書いたとおり、姫路市平和資料館の公式見解より